はじめてのヨガ
ヨガってなに?

 ヨガという言葉を聞いて、連想するのはなんだろう? おそらくポーズをすることや、体にいいものというようなことをイメージする人は多いのでは? そういうポーズのきれいさや、かっこよさから、「私にもこういうポーズができるかもしれない?」と思ったり、ヨガのポーズを毎日したら、「もっともっと自慢のプロポーションになるのでは」と期待してみたり。逆に「こんなポーズは絶対に無理! 小さいころから前屈しても指先が床を触れたこともない、こんな私だから、どうせヨガしてもこの体の硬さは取れないだろう」って、ネガティブに考えて、やめてしまう人も多いのでは。

 実はヨガはポーズの美しさや、体の軟らかさを競うものではありません。もっといえば他人と自分を比較したり、競ったりしないようにすることがヨガの世界では大切なんです。ポーズを通して、今日は体が軟らかいとか、全体的に硬いとか、意外に後ろに反るのは軟らかいとか、自分の体が今、どのような状態にあるのかというのをチェックしてみて。そして「伸びているな?」とか、「今日はなんだか少し筋肉がこわばっているな…」とか感じること、気づくことが大切なんです。

ヨガってなに?

 そして、ヨガのポーズと切っても切れない関係にあるもの、それが呼吸です。ヨガでは息を止めるということはほどんどありません。ポーズをしている間、「止めないように!」とか「しっかり吐く」という風に、呼吸に注意を向けていくことで、普段は意識しない呼吸をきちんと行うことができます。

 私達の五感というものは、鋭敏で、自分を中心に外へ向いています。いろいろな情報をキャッチできるように…。ただ、普段、私達の感覚はあまりにも外へ向いてしまいがち。そこでポーズと呼吸に集中していくことで、外へ向いていた感覚を中へと向け、自分の体の中を感じていくのです。それが、ヨガのポーズや呼吸、そして自分の中に意識を向け、体の中、すなわち自分と向き合うことの最初の一歩になるのです。

 そもそも、ヨガという言葉は、「ゆじ」という結びつけるという意味を持つ言葉が語源。ヨガとは何かと何かを結びつける、結びつく、くっつく、またはくっついてしまうというような特性があります。ヨガをしていると不思議とそういった「結び、結ばれ」

 そして、ヨガのポーズと切っても切れない関係にあるもの、それが呼吸です。ヨガでは息を止めるということはほどんどありません。ポーズをしている間、「止めないように!」とか「しっかり吐く」という風に、呼吸に注意を向けていくことで、普段は意識しない呼吸をきちんと行うことができます。

 といったものやことに何度も出くわします。みんながヨガと聞いて、連想する言葉は、健康、ダイエット、美肌、心の安定、不思議な力…、これらはすべてヨガによって結びつくものと考えるとわかりやすいかもしれません。

 すなわちヨガとは、ポーズと呼吸と瞑想を使って、なりたい自分になる方法なんです。ただ、それらは、実際にヨガをする中でわかってくることですから、まずはどんな目的でもいいので、ポーズをしたり、呼吸を意識したりするところから始めましょう。

ヨガってなに?
TOPへ
次へ