はじめてのヨガ
ヨガってなに?
立って行うポーズ ヨガのポーズについて

 ヨガと聞いてイメージするのはポーズなのでは?
ヨガの用語としては、ポーズのことをアーサナ、もしくはアサナと呼びます。ではヨガのポーズにはどんな種類があるのでしょうか?

 基本のポーズとしては13種類といわれていますが、さらに現代風のものや、それぞれのヨガの流派が作ったものもあり、数多くのポーズが知られています。どれも体の内臓や筋肉などに働きかけるもの。

 基本的には、立って行うポーズ、寝るポーズ、座って行うポーズがあり、それぞれの中に、反る(伸ばす)、曲げる、ひねる、逆転するといった動きが入ってきます。それらをバランスを取り入れながら安定して行いましょう。

 そして、いろいろなヨガのポーズを行うことで、得意なものとそうでないものがわかります。
 苦手なポーズも毎日行うことで、できるようになっていくから大丈夫。

座って行うポーズ 寝るポーズ
戻る
TOPへ
次へ