はじめてのヨガ
ヨガってなに?
どうしてこんなにヨガの種類って多いの?

 ヨガでは、そのゴールに向かっていく方法はどういう方法でもよいという考え方をします。ただ、これは道徳的に正しいこと、そしてきちんとすべきことを行っているのが前提。もともとは一つだったヨガ。それがいろいろな考え方を元に、分かれていったというよりも、派生していったと考えていいでしょう。ただ、どのヨガも何かしらのポーズを取るという意味のハタヨガと、それ以外のヨガに分けられます。

 それ以外のヨガとは、ポーズを取らないヨガ。驚かないで。ポーズを取るヨガが生まれたのは数百年前でずっと昔からあるのは、ポーズを取らないヨガなのです。瞑想をずっと行うラージャヨガや、過ちを犯さず、罪を作らない、または罪を解消して生きるカルマヨガ、愛情を持って生きるということを日々繰り返すカーマヨガ(愛のヨガ)、身も心も神様に捧げるバクティヨガ、そして物事を知っていくことで智慧を積み重ねていくジュニヤーナヨガなどがその代表として挙げられます。

 これらはまったくアプローチが違うようですが、どれもがヨガであり、その目的は、素晴らしい人間性から成るきれいな心と人生と、本来の自分の姿になることにあるのです。

ヨガの山を どこから登ろうが みんな同じゴールを 目指しているのだ!
戻る
TOPへ
次へ